FC2ブログ

北イタリアの湖面に松の影

イタリアの風景水彩画

昼下がりの湖面
 
■ 昼下がりの湖面 ■ アルシュ紙 ■ 透明水彩画 ■ 2009年5月

湖の名は忘れましたがスイスに向かう途中、北イタリアで出会った風景です。湖の周りにはカラマツ林に囲まれた別荘が多くありました。イタリアには珍しい赤松が湖に枝を伸ばしていました。松の影が日本の湖水の風景を思い出してくれました。
スポンサーサイト



信州佐久の田の神さま

風景水彩画

田の神

■ 田の神 ■ 透明水彩画 ■ アルシュ紙 ■ 2009年 6月

この頃よく信州にスケッチに出かけていました。薫風が田んぼの中にたたずむ神社の森の中を駆け抜けていくさわやかな季節でした。

急峻な雪渓を駆けのぼる雲

写生句

駆けのぼる 雲になりたや 剣山

剣山

7月末に剣山の小屋で一泊しました。ふもとまで来たときは一面の雲の中で姿を見ることができませんでしたが、翌日は晴れて急峻な山容を見ることができました。しかしこの後すぐに朝の8時ごろには雲に隠れてしまいました。この写真は別山の中腹からですが雪渓を駆け上る霧があっという間に尾根の向こうに消えていきました。

遠くにかすむ佐渡の山

写生句

青霞む 山裾野まで 田一面

佐度国仲の稲田

初夏の佐度の国仲平野です。ちょうど東京の山手線内ぐらいの広さに、青田が広がっています。佐度は山河も豊かなところです。


初夏の田に燕が行き交う

駄作句

夕去りて 燕行き交う 子等恋し

燕行き交う夕暮れ

近所を夕方散歩しました。燕が佐度の里山に飛び交っていました。

駄作句

すり足の 影揺らめいて 宵の舞

宵の舞 雪洞明かり 三味の音

佐渡相川宵の舞

宵の舞

6月4日・5日に佐度の相川金山近くの「京町通り」で宵の舞が行われました。毎年の6月の上旬に行われます。島内外から20団体以上が参加し、江戸伝来の哀調帯びた相川音頭を踊り流します。
プロフィール

兵庫 哲郎

Author:兵庫 哲郎
水彩画家
1952年佐渡市真野に生まれる
多摩美術大学デザイン科卒
2011年Uターンで佐渡市市野沢に転居
幼少のころ気付かなかった佐渡の
四季に魅せられ描いている

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR